「100エーカーの森の地図」原画、挿絵史上最高額の6,300万円で落札


100エーカーの森の地図を含む「クマのプーさん」「プー横丁にたった家」の原画5枚がロンドンにて競売にかけられ、100エーカーの森の地図が43万ポンドで落札、挿絵としては過去最高額となりました。

100エーカーの森の地図(430,000ポンド)
プー棒投げ橋から川を見るプー、ピグレット、ラビット、ルー(112,500ポンド)
川に浮かぶイーヨー(112,500ポンド)
プー棒投げ橋に立つプー、ピグレット、クリストファー・ロビン(175,000ポンド)
魔法の森に行くプーとクリストファー・ロビン(200,000ポンド)

これらはE.H.シェパードが書いたものの50年以上見つかっていなかった原画の一部。
先日までロンドンV&Aで行われた「クマのプーさん展」で公開された原画も含まれています。
この企画展は2019年2月に東京でも開催されます。

地図は10万〜15万ポンドの予想の3倍ほどの43万ポンド(約6,372万円/1ポンド=約148円)となりました。
他はだいたい予想内の額。
魔法の森は予想の2倍以上になりました。

また、「クマのプーさん」などプーもの4冊の第一刷セットは4,750ポンドで落札されました。

関連adsense
広告
poohレクタングル(大)
poohレクタングル(大)

シェアする

フォローする

コピーライト
(c)Disney. Based on the "Winnie the Pooh" works by A.A, Milne and E.H.Shepard.
広告
poohレクタングル(大)